「おとのわ」チャリテイアフターヌーンコンサートは150名での「旭町3丁目音楽会」

2018年3月11日。チャリテイアフターヌーンコンサートが、
あけぼのホールで開かれました。

主催は「おとのわ」で東日本大震災、熊本大地震、と地元の社会福祉
協議会への支援を目的に地域の住民と音楽家がつながるというコンサートで、
「旭町3丁目音楽会」ともいえそうな、地元密着型の音楽会ができました。

2回のコンサートで150名もの方が集まり、(1回目80人、2回目70人)
ワンコインコンサートですが、募金が5万円を超えるという素晴らい
コンサートになりました。

これも参加してくださった方々全員の、地域を盛り上げようという熱い思い
のたまものです。本当にありがとうございます。

川越ますみさんのボーカルと小林範子のピアノで「君は愛されるために生まれた」の演奏風景です。

ホルンの鈴木福音さんの演奏でサン=サーンスの「ホルンとピアノのためのロマンス作品36」、および「アメイジンググレース」の演奏風景です。

バリトンの阿部和磨さん、ピアノ伴奏の平岡聖さんの演奏でフィガロの結婚より「訴訟に勝っただと?〜私がため息をついている間に」の演奏風景です。

バリトンの阿部和磨さん、ピアノ伴奏の平岡聖さんの演奏でフィガロの結婚より「訴訟に勝っただと?〜私がため息をついている間に」の演奏風景です。

フルートの草薙友妃子さんとピアノの冨田玲子さんで、踊る人形(ボルティーニ)セレナーデ(ウッダール)の演奏風景です。

冨田玲子さんと平尾聖さんの連弾でヨハンシュトラウスの美しき青きドナウの演奏風景です。


参加者全員で『花は咲く」と『切手のないおくりもの』を演奏しました。

小林範子の作曲とピアノとあけぼのコーラス、および川越ますみさんのボーカルで「虹の玻璃」の演奏前風景です。